ダイエット

流行りの「グルテンフリー」実際どうなの?ダイエット効果はあるの?

 

テレビ、雑誌などで取り上げられている『グルテンフリー』

先日も世界仰天ニュースでグルテンフリーについてやっていましたね。

生活を送るうえで私たちは毎日何気なく摂取しているはずです。

Moguちゃん
Moguちゃん
だけどグルテンフリーって、実際にどんな効果があるかわかんない。

そんな方に向けてグルテンフリーについて簡単にお話ししていきたいと思います。

 

グルテンとは

グルテンとは小麦ライ麦大麦などの穀物の胚乳から生成されるたんぱく質の一種です。小麦粉の中にはたんぱく質が6-15%含まれています。小麦粉に水を加えて練るとグリアジンとグルテニンが混ざり合ってグルテンができます。

アレルギーで摂取出来ない人もいますが、最近ではダイエットや美容のために控えている人も多いようです。

グルテンはどんな食べ物に入っているか

 

ラーメン・パン・パスタ・ピザ・うどん・ビール・餃子や焼売の皮・お好み焼きなどがたくさん当てはまります。

また醤油味噌にも含まれている場合があります。

パンの骨組を作っているのはグルテンであり、モチモチ感を出しているのもグルテンです。

ファーストフードやコンビニを利用する日本人にとっては知らず知らずのうちにグルテンを多量に摂取しています。

食欲増進に繋がる!?

先ほどもお話ししたグリアジンには中毒性があります。小麦粉に含まれる物質が脳のモルヒネ受動態と結びつくとこのような症状が出てきます。

「もっと食べたい」「また食べたい」

食べない時間が続くとイライラしてきます。そのため食欲増進に繋がってしまうのです。

ダイエット効果はあるのか?

そもそもグルテンフリーとは小麦アレルギーやセリアック病、グルテン過敏症の人が小麦を避けるために行う食事法です。現時点では減量や健康に対する知見は少ないのです。

小麦を使った商品には砂糖や油分が多く含まれています。極端に小麦を使用している食事やお菓子を控えたことで食事量が減り、まや糖質や脂質を抑えた食事になります。その結果、体重が減るということは十分にあり得ます。しかし栄養バランスが偏りやすくなるため注意が必要です。

グルテンフリーはこんな方におすすめ

  • セリアック病・小麦アレルギーの方
  • グルテン過敏症や不耐症の方(小麦を使用したものを食べると調子が悪くなる、慢性的に調子が悪い人)

こちらはグルテンの含まれる食べ物を食べることで小腸の粘膜に毒素が入り込み炎症を起こしてしまいます。慢性的な便秘、肌の不調とトラブル、寝起きが悪い、日中頭がスッキリなどの症状が挙げられます。食べる事で症状が出現し食べなければ改善します。

※グルテン過敏症の方はすぐに症状が出るわけではありません。

健康な人が何も知らず過度なグルテンフリーを始めるとビタミンBや食物繊維の不足に繋がり、かえって健康被害や体重が増える恐れがあります。

グルテンフリー生活 実践編

  1. 小麦粉⇨米粉に変える
  2. そば、みりん、醤油、味噌などに小麦粉が入ってないか原材料を確認。
  3. 麺類をやめられない方は糖質ゼロ麺などで代用しましょう。

糖質ゼロ麺は小麦アレルギーの人に向けて開発された商品です。ダイエットされている方にもかなりオススメです♪♪ここ最近はコンビニで売っているのも見かけます。

 

グルテンフリーで期待できる効果

  1. 肌の調子が良くなる
  2. 寝起きスッキリ
  3. 浮腫が減る
  4. 便秘改善

グルテンフリーを始めてから1週間〜2週間で効果が現れ始めます。

 

まとめ

☑️グルテンフリーダイエットはグルテン過敏症やセリアック病を患っている人に効果が得られやすい。

☑️グルテンを完全にフリーにすると、栄養バランスを崩す。長期間行う場合はリスクは避け医師の指導のもとに行う。

 

ABOUT ME
Mogu
Mogu
出身地:東北地方 年齢:20代半ば 職業:『理学療法士』として現役活動中。 わたしの目標:産休育休入っても、ちゃんと家族を養いたい! 基本的に365日ダイエットモード入っておりますが、美味しいブログ、役に立つ情報を発信していきます♪♪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。