理学療法士

私が思う仕事ができる人の特徴。理学療法士編

私は、理学療法士になって数年が経ち様々な先輩を見てきました。その中で、今回は理学療法士の「仕事ができる人の特徴」について書いていこうと思います。

仕事ができる人の特徴

●コミュニケーションが上手。

→理学療法士は、情報を聞き出すことでリハビリの目的・目標を決めていきます。学生だとゴールという形でレポートを書きますよね?私が臨床をやっていて強く思うのが、コミュニケーションが不良の人はリハビリに一貫性がないと言うことです。患者のNEEDを捉えられず、目的が見えないリハビリをだらだらしている印象です。情報収集はリハビリの中でもかなり重要な比重を占めるのでコミュニケーションは大事です。

●話に根拠がある。

→リハビリ職をしていて思うことが、身体のことについて患者から聞かれることがとても多いです。特に地域の講話などに出かけるとテレビでの健康法など、様々な事をきかれます。その時に、根拠を持った説明や話ができるか?というのを患者には測られています。現代は情報が簡単に取り入れることのできる時代ですので意外にお婆さんやお爺さんの方が私たちよりも詳しいと言うことが多いです。特に自分が患った病気については調べる人が多く、質問された際に答えられないと、信頼を失う結果を招きかなないです。話に根拠があり、安心を与えられることは非常にリハビリ効果を上げることに直結します。信頼している人とリハビリしたほうが患者もやる気になるのは皆さんもわかりますよね!

●勉強に貪欲(自己研鑽ができる)

→理学療法士協会では、「生涯学習」と掲げるほどに私の仕事をやっている限りは勉強が必要ですと言われています。というのも上記で記載した通り、患者の信頼を勝ち取るためには豊富な知識が必要ですし、他職種と関わらないといけないことから医学的にも知っておかなければいけない事が山ほどあります。他職種からの信頼を得ることもとても仕事を順調に行うために必要です。また、患部だけをを治すだけでは同じことを繰り返す可能性があるため全身との関わりを考える必要があります。化学も進歩はします。今日学んだことももう古いかもしれません。勉強はとても大事です。

●報告・連絡・相談ができる

→社会人として当たり前のことですね。報告・連絡までは出来るのですが理学療法士の世界は相談がしにくい傾向があります。特に、年数を重ねると分かっている程で専門職どうしで話し合います。まるで分かっているかのように(笑)。がしかし、ほんとに分かっているかは怪しい人が多いなと感じます。自分で勉強するのもいいですが一番早いのは人に聞くことです。分かる人や自分が認めた人に相談できる能力がとても大切です。相談することは、恥ずかしい事ではありません。「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」といいますが、その通りです。探求心を持って相談ができる。この能力がある人は、仕事がめちゃめちゃ出来ますね!

 

 

というように、私の主観的な考えで記事を書いてきましたが私が思う仕事ができる人は「コミュニケーションが上手い・話に根拠がある・勉強に貪欲・報連相ができる」という4つができる人です。人それぞれ意見はあると思いますが、これから社会人になるPTSの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
Mogu
Mogu
出身地:東北地方 年齢:20代半ば 職業:『理学療法士』として現役活動中。 わたしの目標:産休育休入っても、ちゃんと家族を養いたい! 基本的に365日ダイエットモード入っておりますが、美味しいブログ、役に立つ情報を発信していきます♪♪