頻尿

トイレが近くて悩んでる人へ

皆様初めまして、Moguブログ旦那です。

唐突ですが、私は一日20回近くはトイレにいきます!(笑)

私が20代半ばですが、トイレが近くなったのは専門学生の時でした。

当時は座学が多めで90分の時間に尿を我慢するなんて、私には苦痛で苦痛でもう学校をやめるしかないと考える日々が続きました。(映画館、電車、車など長時間のものは無理でした)

『よし!若くて頻尿なんて恥ずかしいなんて思いを捨てて病院に行こう!』

と考え泌尿器科に行きました。

結果は…

先生:頻尿ですね。お薬出しときます~

私:やっと治る!もう悩まなくて良い!

しかし、効果はでず…。逆に頻尿のことを考えると、ますますトイレが近くなる一方で、もう無理。周りに迷惑をかけるくらいなら家にいた方がいいと、好きだった映画にも行けなくなり、もう人生終わりだと思うまで追い込まれていました。

 

あるとき、精神科に行ったほうがいいのではないか?と学校の先生から言われ、良いイメージがない精神科へ。

 

診断は、心因性頻尿。

え?心因性頻尿?なにそれ?

心因性頻尿とは

ちょっとしたきっかけから尿意をもよおし、尿がたまっていなくてもトイレに行ってしまう。膀胱炎ではないかと心配し受診するが、検査では異常はない。

 

症状としては

尿の回数が多い(頻尿)。寝てしまえば尿意で起きる事もない。また、何かに夢中になっているときはは尿意を忘れているという特徴がある。

子供に多い精神疾患。

 

私は、もともと緊張やストレスに弱い方です。また、完璧主義というめんどくさい性格もあいまって症状として現れるようになりました。

診断を受けたあとは、尿意との闘い(リハビリ)でした。依然、完治はしていないですが一番ひどかった時期は抜け、コントロールもできるようになってきました。

今回は、心因性頻尿とは?というご紹介と私の実体験を書かせて頂きました。

頻尿との闘い(リハビリ)については、今後も随時ブログにて紹介して行こうと思います。

今後も、頻尿以外にも妻に負けじとブログ更新していきますのでよろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Mogu
Mogu
出身地:東北地方 年齢:20代半ば 職業:『理学療法士』として現役活動中。 わたしの目標:産休育休入っても、ちゃんと家族を養いたい! 基本的に365日ダイエットモード入っておりますが、美味しいブログ、役に立つ情報を発信していきます♪♪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。