新発売

吸うカフェイン。stonとは?

『カフェイン』『GABA』を電子タバコのように❝吸う❞ことができるデバイス「ston(ストン)」が12月3日にJTグループのBREATHERが発表されました。

 

Ston(ストン)とは?

stonとは「一息で、ひと休みをあなたの力に。」をコンセプトに考えられた、電子タバコのように吸うことで蒸気に溶け込んだ成分の味や香りを楽しむことができるデバイスです。

stonの3つの特長

1.2つのフレーバーで気分のマネジメント

→もうひと踏ん張りしたい時には、爽やかなミントフレーバーでカフェインが配合されているROWER。気分を落ち着かせたい時は、心安らぐココナッツフレーバーでGABA配合のCALMでリフレッシュできます。

 

2.お財布に優しいひと休み

→カードリッジあたり250回吸引でき、約40回分のひと休みに相当(ひと休みに6回吸引想定)。

 

3.蒸気が見えにくい

→外気と一緒に吸引することで、蒸気が見えにくい吸い方をできる特徴があります。

COLOR

色は4種類選べます。

「月白(Geppaku)」、「浅葱(Asagi)」、「鉄紺(Tetsukon)」、「茜(Akane)」です。

分かりやすく言うと、白・緑・紺・赤です。

 

ツイッターより引用

SPEC

主な仕様は、ston本体(専用カートリッジは別売り)

バッテリー:内臓リチウムイオン充電池

製品許容温度:使用時 5~35℃

重量:約50g

寸法:約50×20×65㎜

CARTRIDGE

POWER:もうひと踏ん張りしたい時、爽やかなミントフレーバーでカフェイン配合。約250回の吸引が可能なリキッドが3本入っています。

 

CALM:気分を落ち着かせたい時に。心安らぐココナッツフレーバーでGABA配合。POWER同様に250回吸引可能なリキッドが3本入っています。

 

 

ツイッターより引用

価格

ston本体は、希望小売価格は6000円です。

カートリッジは、POWER・CALMともに税別で1800円です。

 

カフェインについて

カフェインは、興奮作用を持ち世界で最も広く使われている精神刺激薬と言われいます。覚醒作用、解熱鎮痛作用、利尿作用です。交感神経を有利にするものです。

副作用:不眠。やめまいなどがあります。

追記:今回のstonは、カフェインを摂取が基本的に良しとされていない妊娠期の母親が摂取基準と言われている200ミリグラムを越えるためには1000回吸引しなければならないと言われています。

GABAについて

カフェインが興奮性なら、GABAは抑制性物質です。GABAは副交感神経を優位にさせるとい感覚が分かりやすいでしょうか。気持ちを落ち着かせる時にもってこいですね。

 

以上、今回はstonについてご紹介いたしました。今後は、依存作用性が強い2つ効能のため賛否両論あると思われますが一度試してみてもいい商品ではないでしょうか?是非、良い意味でこの忙しい日本という社会に浸透してもらえればと思います。

 

 

ABOUT ME
Mogu
Mogu
出身地:東北地方 年齢:20代半ば 職業:『理学療法士』として現役活動中。 わたしの目標:産休育休入っても、ちゃんと家族を養いたい! 基本的に365日ダイエットモード入っておりますが、美味しいブログ、役に立つ情報を発信していきます♪♪