理学療法士

投手に多い腰椎分離症のリハビリ

今回は、投手に多い『腰椎分離症』のリハビリについて実際に罹患した私の実体験をもとにリハビリをご紹介したいと思います。

腰椎分離症

腰椎分離症とは、過度のスポーツや腰の回旋(ひねる動き)などの負担によって、腰椎の後方部分が分離する病気です。

分かりやすく言うと、脊椎の疲労骨折です!

好発はスポーツ活動の多い10歳代の男性に多く、スポーツ選手の腰痛の原因の30~40%を占めます。

症状

腰椎分離症の症状は、腰部から臀部(お尻)、大腿部後面(ももの裏)の痛み。足の感覚障害やお尻から足先にかけての放散痛、神経性の間欠性跛行が起こることもあります。この症状に加え、背部の圧痛や幹部の叩打痛、分離部の圧痛があることがほとんどです。また、背中を反ると痛みが強くなる症状があります。

*間欠性跛行:少し歩くと足の痛みがあったり痺れたりすることで歩けなくなり、少し休むと、また歩けるようになること

実体験:私は高校2年時に腰椎分離症を発症しました。最初は、腰の痛みが軽くあっただけで気にもしませんでしたが、投手にて登板機会が増えるごとに痛みが強くなり左足の痺れが現れるようになりました。それでも、頑張って投げ続けていると高校の授業でもずっと座っていることもできず間欠性跛行も出るようになり、さすがに、病院に行かないとと思い受診すると腰椎分離症と診断されました。

治療

1.保存療法:急性期はコルセットやギプスなどによる固定、運動制限。慢性期は薬物療法、分離部のブロック療法などの対症療法が主になります。

2.手術療法:分離部修復術、椎体間固定術、除圧術など

実体験:私の場合は、コルセットを作成し一定の期間の運動制限と共にリハビリの処方を受けました。痛みが強い時や、どうしても登板しなければいけない時は主治医と話し合いをしてブロック注射をしたこともありました。ブロック注射はとても痛いです(笑)。効果は抜群でした。やりすぎると、効果が薄れるのしっかりと医師と話し合うことが必要ですね。

原因

私の実体験を中心に原因についてお話していきます。結論からいうと、腰は回るものではないのに回そうとして疲労骨折するということです。

逆に言うと、腰を回さなければいけない原因が動きや体の仕組みにあるということになります。それが私の場合は股関節でした。股関節が回転するために動かなければいけなかったものを、腰で代償してしまったための発症でした。

ここからわかることは確かに成長期にスポーツをやりすぎるのはケガのリスクは高いですが、各スポーツの動きに合った体の動かし方や柔軟性や筋力が必要だということです。そのために、我々理学療法士のような専門職種がいます。症状が出る前に見抜けるのが理想ですが、なかなか難しいこともあるため、症状が出てからでもいいのでしっかりと病院に行き専門職種の指示を仰いでください。

リハビリ

腰痛自体の痛みを取り除くためには、腹筋や背筋などを強化することでしっかりと体内にコルセットを作ることが大事になります。また、足の痺れや痛みについては、骨盤・股関節周りの柔軟性を高め、筋力トレーニングを行うということが必要です。

実体験:私の場合は、お尻の後ろの筋肉が固く神経の圧迫をしていることから臀部周りのストレッチ。また、反り腰であり腹筋が弱かったために腹筋の強化を行いました。また、右足に比べ左足の筋力が弱いこともあり同等の筋力になるようにトレーニングを実施しました。約1か月ほどで効果はみられ、普段の練習に参加できるようになり投球練習までできるようになりました。

最後に

今回は、実体験をもとに腰椎分離症についてご紹介してきました。障害は、多くのスポーツ選手の寿命を削るものになります。予防という面で、特に野球関係になりますが専門職種として発信していこうと思います。この記事で、1人でもスポーツ障害についての知識が高まり予防に繋げられればと思います。

ABOUT ME
Mogu
Mogu
出身地:東北地方 年齢:20代半ば 職業:『理学療法士』として現役活動中。 わたしの目標:産休育休入っても、ちゃんと家族を養いたい! 基本的に365日ダイエットモード入っておりますが、美味しいブログ、役に立つ情報を発信していきます♪♪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。